お知らせ・ブログ

2024年06月07日 フェムテック

更年期症状改善におすすめの食材

   

40代になると体や心の変化を感じる

40代になると、個人差はありますが、体や心の変化を感じ始めます。

体の不調がある女性

✔ 疲労感・・・以前より疲れやすく、回復が遅いと感じるようになる

✔ 睡眠障害・・・寝つきが悪い、夜中に目が覚める

✔ 体形の変化・・・体重が増えた、肉付きが変わった

✔ 心の変化・・・イライラしやすい、憂鬱な気分になる

もしかすると、更年期の始まりかもしれません。

「更年期の症状かな?でも病院に行くほどではない・・・」と思っている方に、

まずは、セルフケアで対応できるか試してみましょう。

前回の記事で、漢方を取り入れた生活習慣の改善をお伝えしました。

今回は、漢方の「気・血・水」のバランスを整える食材をお伝えします。

食材

「気」にいいとされる食材

①気滞 ~エネルギーが停滞している~

「気滞」には、酸味・香りのある食材がオススメです。

グレープフルーツやみかんなどの柑橘類、ハーブや香味野菜など香りがあるもの、梅干しなどです。

レモンをサラダや唐揚げに絞ってかける、ハーブティーを飲む、ちょっとしたことでも酸味や香りを補うことができます。

食材を摂取するだけでなく、レモンやグループフルーツなどのアロマを焚くと、気の巡りをよくしてくれます。リラックス効果がありますので、憂鬱になるなど、心の不調を感じている方には是非試していただきたいです。

②気虚 ~エネルギー不足~

字のごとく、気が不足している状態です。エネルギー不足ですので、白米・玄米などのエネルギー源をしっかり食べることをオススメします。

また、サツマイモやじゃがいもなどの芋類や、枝豆やグリーンピースなどの豆類もオススメです。

私はこの「気虚」タイプです。自分の生活習慣を見つめ直してみると、朝ごはんを抜いたり、忙しくて昼食をすっ飛ばしてみたり、心当たりがあります。

いきなり、栄養満点の朝食を毎日食べることはハードルが高かったので、まずは「とにかく何かを食べる」ことから始めています。

徐々にハードルを上げて、持続できるよう心がけていきます。

「血」にいいとされる食材

③血虚 ~血が不足している~

「血虚」には、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、ひじき、レバー、牡蠣、トマトがオススメです。

中国では、昔から黒いものと赤いものがよいとされています。

貧血には、レバーや牡蠣がいいとよく聞きますが、黒い食材も効果的なんだそうです。

手軽に始められるものとして、白米に黒ゴマをかけて食べる!これだと面倒ではありません。

「血虚」の症状として、肌や髪の乾燥があります。更年期の症状として乾燥が気になる方は、意識して摂取してみるといいですね。

④瘀血 ~血の巡りが停滞している~

血の巡りをよくするために、血液をサラサラにしてくれる食材がオススメです。

よく聞くのはタマネギですね。

その他にも、小豆、黒豆、なす、チンゲン菜、モロヘイヤが効くとされています。

シミや肌荒れなどの肌トラブルに悩まれている方は、「瘀血」かもしれません。

「水」にいいとされる食材

⑤陰虚 ~体の水分不足~

水を補う食材が有効です。梨やりんごなどの果実、ネバネバ食材の山芋やオクラがオススメです。

また、アーモンドや松の実などのナッツ類も、体を潤してくれるといわれています。水分不足からくる便秘や、のぼせやほてりにも効果があります。

コーヒーには、利尿作用がありますので、あまり飲まない方がいいとされていますが、生活習慣病の予防効果があるとされていますので、適度に楽しめるといいですね。

ホットフラッシュに悩んでいる当社のスタッフは、1日に何杯もコーヒーを飲んでいたようですが、現在摂取量を減らしています。効果があったか、またお伝えできたらと思います。

⑥水滞 ~血液以外の水分の滞り~

きゅうり、冬瓜、すいかなどの瓜は、水の巡りをよくしてくれる働きがあるといわれています。

また、小豆、はとむぎ、黒豆などの豆も効果的です。日頃の水分補給を、はとむぎ茶や黒豆茶にすると、日常生活に取り入れやすいですね。

「陰虚」とは逆で、「水滞」は下痢の症状が出やすいです。また、滞っていることで、むくみにもつながります。

まとめ

漢方の基本、「気・血・水」をご紹介しましたが、意外と日常生活に取り入れすいと思っていただけたら嬉しいです。

まずは自分の体を知ることが大事です。

セルフケアをしても、生活・仕事に影響が出るほどツライ症状の場合は、お早めに医療機関を受診することも大切です。

その他の記事はこちらから